ガン、心臓病、虚弱体質などに効能!?

高麗人参の栄養素や効果について

banner  よくむかしから、高麗人参は高い栄養素があるイメージをみなさんも持っているのではないでしょうか。
 実際に疲れが気になる人、冷え症、肩こりがつらい人、更年期が気になる人、風邪をひきやすい人、ストレスがたまっている人におすすめといわれています。逆に、現代人は、多くのストレスの中で生きているといえるでしょう。
 滋養強壮、疲労回復、血行障害改善、更年期症状の緩和など、栄養ドリンクにかかれているような効果が主です。主成分は、ジンセノサイドというザポニンで、身体の細胞や臓器の働きを活発にする作用があり、広く滋養強壮効果が認められています。
また、この高麗人参サイトhttp://myfavouritefoods.com/も、わかりやすい解説が盛りだくさんです。ご利用ください。

 また http://xn--gmq95j107eved.la/にも書いてあるように、大脳を鎮静させる作用もあり、気持ちを落ち着け、ストレスを和らげる効果も期待できます。血液循環を促し、血中のコレステロール値を下げることにより、高脂血症、動脈硬化、心筋梗塞などを予防するとも言われています。
 また、ホルモンのバランスを整えることで更年期の不定愁訴に効果があるとされています。成分としては、サポニンの他、ビタミンB1、B2などのビタミン類やマグネシウム、カリウム、亜鉛などのミネラル、そのほか多くの必須アミノ酸が含まれています。
 朝鮮人参、オタネニンジンとも呼ばれています。
 高麗人参は、オタネニンジンという和名をもつウコギ科の多年生植物です。私たちが食べているニンジンとは全くの別の植物で、ウコギ科のハーブの一種です。
 本来、山岳地帯でしか自生しないため、収穫がたいへんむずかしく、王侯貴族の怠惰だけで珍重されるたいへん貴重なものでした。高麗人参は、収穫に至るまで4年から6年の歳月が必要です。一瞬たりとも気を緩めることができません。
 しかも、一度収穫すると、その土地では10年は育たないといわれるほど土の養分を吸い尽くします。手間ひまかけて栽培された高麗人参は、有用成分をバランスよく豊富に含み、人々の健康に役立つおのへと育つのです。
 また、加工方法によって大きく水参(すいさん:生)、白参(はくさん:乾燥人参)、紅参(べにさん)の3つに分類されます。紅参は中でも貴重とされ、特に健康に役立つといわれています。
 水参の皮をはがさずに、水参を上記で蒸した後、水分量が14%以下になるように自然乾燥させ加工したものを紅参といいます。蒸気で蒸して、紅色になるまで乾燥させる過程で、新たな有用成分が生じるため、健康に役立つとされています。
 赤褐色で非常に硬く長期間保管が可能です。ぜひ、いかがでしょうか。
また、高麗人参の成分と効果効能については、こちらの解説サイトを参考になさってみてください。

Copyright(c) 2013 Asian ginseng All Rights Reserved.