高麗人参で冷え知らず!

寒い季節ではないにもかかわらず、手や足などが冷えてしまう冷え性の人は、意外と多いのではないでしょうか。
そうした症状を解決してくれる可能性を持っているのが、高麗人参なのです。

冷え性の原因は血行不良

冷え性の原因のひとつは、血行不良です。
体を温めるためには、糖質や脂質などを酸素によって燃焼させることで得られるエネルギーが必要です。
ところが、血行が悪いと体のすみずみまで栄養素や酸素が届きにくくなり、エネルギーの生成量が減って体が冷えやすくなってしまうのです。

血行が悪化する原因としてまず考えられるのは、動脈硬化によって血管内部が細くなってしまうことです。
糖尿病の高血糖の血液によって血管が痛めつけられることも、血行悪化の原因となります。
また、ストレスを恒常的に受けることで自律神経のうち交感神経ばかりが活発になり、末梢血管が収縮しっぱなしになってしまうことも、血行悪化につながってしまいます。

高麗人参は血行を改善してくれる

高麗人参は冷え性の原因である、血行悪化を改善してくれる働きを持っています。
これが冷え性の改善につながってくれるのです。

高麗人参には、ジンセノサイドというサポニンの一種が含まれています。
ジンセノサイドの働きのひとつに、プラスミンという血液をサラサラにしてくれる酵素の働きを活発にしてくれるというものがあります。
血液がサラサラになれば流れがスムーズになり、血行改善につながります。
また、高麗人参にはアルギニンというアミノ酸も含まれています。
アルギニンは体内で一酸化窒素を発生させ、血管を広げてくれる働きがあります。
血管内部が広くなれば血液の流れる量が増え、血行がスムーズになってくれるというわけです。

高麗人参によって血行が改善されれば、体のすみずみまで栄養素と酸素が届くようになります。
これによって十分なエネルギーが生成できれば体が温まり「冷え知らず」になってくれるというわけです。
冷え性の人は、一度試してみても良さそうですね。

トップに戻る