高麗人参に含まれるアルカロイドって?

高麗人参にはいろいろな成分が含まれていますが、その中にアルカロイドというものがあります。
アルカロイドとはどのようなもので、体にどのような効果をもたらしてくれるのか、説明していきましょう。

アルカロイドとはどのようなものか?

アルカロイドを直訳すると「アルカリのようなもの」となり、植物の苦味はこのアルカロイドからきているものが多いとされています。
人間の体にとって毒になるものが多いのですが、中には有益な効果をもたらしてくれるものがあります。
コーヒーに含まれるカフェインや、痛みを除去してくれる麻酔薬などは、その典型例と言っていいでしょう。

高麗人参に含まれるアルカロイドの働きは?

高麗人参に含まれているアルカロイドも、人間の体にとって有益なもののひとつです。
主な効果としては免疫力アップ、アンチエイジングなどがあるとされています。

・免疫力アップ
体内に入ってきた細菌を退治する役割を持っているのが、血液中の白血球です。
いろいろな種類がありますが、高麗人参のアルカロイドはマクロファージとB細胞の働きを活発にしてくれる効果があります。
マクロファージは直接細菌を攻撃するため、活発になれば体に入ってきた細菌が退治されやすくなります。
また、B細胞は細菌の抗体を生成するため、細菌の働きを抑えやすくなるというわけです。

・アンチエイジング
体の老化の原因のひとつは、活性酸素と呼ばれる物質です。
活性酸素は白血球と同様、体内に入ってきた細菌を退治してくれる働きがありますが、増えすぎると正常な細胞を傷つけて劣化させ、老化の原因を作ってしまうのです。
高麗人参に含まれているアルカロイドには、活性酸素と結びつきやすいという性質があります。
これによって活性酸素を除去することができれば、細胞を傷つけられにくくなり、アンチエイジングにつながってくれるのです。

高麗人参のアルカロイドには、このような働きがあります。
病気を防ぎ、若々しさを保つことにつながってくれそうですね。

トップに戻る