高麗人参に適した土壌とは

高麗人参は栄養豊富ですが、それだけに栽培も難しいといわれています。
中でも大変なのは、高麗人参の栽培に適した土壌を作ることです。
高麗人参に適した土壌とは、どのようなものなのでしょうか。

高麗人参が育つには時間がかかる

まず知っておいてほしいのは、高麗人参は水稲などのように、春に植えて秋に収穫できるようなものではないということです。
最低でも3年、理想を言えば6年ほどの栽培期間が必要なのです。
実際、最高級の高麗人参は「六年根」といって、6年間育てたものなのです。
高麗人参が栄養豊富なのは、それだけ土の養分を吸収しているという証拠でもあります。
実際、高麗人参を植えたあとの畑は、連作障害のため10年間は高麗人参を植えることができないとされています。
つまり、6年間にわたって栄養を吸収されても持つような、栄養豊富な土壌が高麗人参に適しているのです。
また、高麗人参はあまりにも湿っぽい土は嫌います。
土中に含まれる水分が50~60%当たりが理想的だとされています。

どのようにして土壌を作るの?

では、その栄養豊富な土は、どのようにして作るのでしょうか。
これは、肥料を撒いて、何度も土壌に混ぜ込んでいくしかありません。
緑肥と呼ばれる自然由来の肥料を使い、最低でも1年間、理想を言えば3年ほどかけて土壌を作っていくのです。
時間をかけて土壌を作ることで、高麗人参を6年間育てられるような栄養豊富なものになってくれるのです。
このときに気をつけてほしいのは、土壌を作る際に化学肥料を使ってはいけないということです。
化学肥料は緑肥に比べて成分が偏っていますので、高麗人参との相性が悪く、根腐れの原因となってしまうこともあるのです。
高麗人参のための土壌を作るならば、肥料は必ず緑肥を使うようにしてください。

高麗人参は育てるのに時間がかかりますが、土壌作りにも時間がかかります。
栽培が難しいと言われているのも、うなずけるのではないでしょうか。

トップに戻る