足の辛いむくみに高麗人参はいかが?

立ち仕事などをしていると足がパンパンにむくんで、辛い思いをしたことがある人は多いのではないでしょうか。
高麗人参には、足のむくみを緩和してくれる成分が含まれているのです。

むくみの原因は血行不良

足のむくみの原因のひとつは、血行不良です。
血液の中の血漿成分は血管外に滲み出して細胞間液となり、二酸化炭素や老廃物を回収して血管に戻っていくようになっています。
血行が悪いと、細胞間液がうまく血管に戻ることができず、水分がたまってしまいます。
これがむくみの原因です。
血行悪化にはいろいろな原因があります。
動脈硬化によって血管内部が狭くなったり、糖尿病によって血管が痛めつけられたりすると、血行が悪化してしまいます。
ストレスによって交感神経が活発になり、末梢血管が収縮するのも血行悪化の原因です。
また、女性は男性に比べて筋力が弱いため、静脈の血流が悪くなりやすいとされています。

血行不良を解消してくれる高麗人参

高麗人参には、この血行不良を解消してくれる成分が含まれているのです。
まず、高麗人参にはジンセノサイドというサポニンの一種が含まれています。
ジンセノサイドには40種類ほどありますが、この中にはプラスミンという酵素の働きを助けてくれるものがあります。
プラスミンは血液中にある血小板の働きを抑え、血液をサラサラにしてくれる働きがあります。
これによって血流がスムーズになり、血行改善につながってくれるのです。
また、高麗人参にはアルギニンというアミノ酸の一種が含まれています。
アミノ酸は体内で一酸化窒素を生成し、血管を広げてくれる働きがあります。
これによって血液の通り道が広くなれば、より多くの血液が流れるようにない、血行が改善されます。
血行が改善すれば細胞間液が血管に戻りやすくなり、むくみが緩和されるというわけです。

高麗人参は血行改善によって、むくみを緩和してくれる働きがあります。
むくみに悩んでいる人は、煎じて飲んでみてはいかがでしょうか。

トップに戻る