高麗人参でアンチエイジング

いつまでも若々しくありたいというのは、人間共通の願いでしょうが、実現するとなるとなかなか難しいものです。
そうした願いを少しでもかなえてくれるのが、高麗人参なのです。

老化の原因となる活性酸素

老化の原因のひとつは、活性酸素と呼ばれる物質です。
活性酸素は、体内に入ってきた病原菌など、人間にとって害になる最近やウイルスを退治してくれる働きを持っており、本来は人間にとって欠かせないものです。
ところが、活性酸素は増えすぎると、細菌やウイルスだけでなく、正常な細胞の遺伝子まで傷つけてしまうのです。
遺伝子を傷つけられた細胞は劣化し、老化の原因となってしまうのです。
アンチエイジングのためには、老化の原因である活性酸素の働きを何らかの方法で抑え、細胞が傷つけられないようにする必要があります。

高麗人参は活性酸素の働きを抑えてくれる

高麗人参には、活性酸素の働きを抑える成分として、ジンセノサイドとアルカロイドが含まれています。
ジンセノサイドは高麗人参に含まれているサポニンの一種です。
サポニンとは植物の根や葉、茎などに含まれている物質で、抗酸化作用を持っています。
ジンセノサイドもサポニンの一種ですから、抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは活性酸素の働きを抑える効果のことで、これによって細胞が傷つけられて劣化するのを防ぎ、アンチエイジング効果を発揮してくれるのです。
また、アルカロイドは植物に含まれている窒素を含む有機化合物のことで、ほとんどの場合はアルカリ性を示します。
アルカリ性の物質は活性酸素と結合し、数そのものを減らしてくれる働きを持っています。
高麗人参のアルカロイドによって活性酸素を減らすことができれば、老化の原因となる細胞の劣化が起きにくくなるというわけです。

ジンセノサイドとアルカロイドによって活性酸素の働きを抑え、アンチエイジング効果を発揮してくれるのが高麗人参です。
いつまでも若々しくありたいあなたに、ぴったりだと言えるでしょう。

トップに戻る