ガン、心臓病、虚弱体質などに効能!?

高麗人参のサプリメントは滋養強壮などの目的で摂取されています

banner  高麗人参は、オタネニンジンとも呼ばれるウコギ科の多年草です。チョウセンニンジンと言われているものも同じものです。高麗人参は、何千年もの昔から中国や韓国、日本などで薬草として使われています。
 根の部分を干し、それを漢方薬として使用していたのです。使用される根の部分ですが、その形が人のようなために、人参の名前がついたという説もあります。
 尚、現在日本で料理などに使用されている人参と言われているものはセリ科の植物であり、全く種類の異なるものです。
 昔は、栽培することが困難であり、また自生する場所が限られていて見つけることが大変だったため、非常に貴重な薬草として流通していました。江戸時代などでは、一部の富裕層しか買うことができないほどの高価なものだったのです。
 現在では栽培技術が確立され、主に中国や韓国などで栽培され、日本にも輸入されています。効果は栽培されたものより天然のものの方が強いと言われています。
 しかし現在でも自生している天然のものは見つけるのが難しく、手に入れるのは非常に大変なため、価格が非常に高くなっています。根に含まれるサポニンの一種であるジンセノサイドによって効果が発揮されると言われています。
 掘り出した後の加工方法によって、いろいろな呼び名があります。掘り出したそのままの状態で、乾燥していないものを水参、皮をむいて乾燥させたものを白参、皮をつけたまま蒸したものを紅参と言います。
効果に関係のある成分であるジンセノサイドは皮に多く含まれているため、サプリメントなどには紅参が利用されていることが多いようです。
 現在は栽培することができるようになりましたが、その栽培期間は他の作物などに比べて非常に長い期間が必要とされます。それは、年数が経過しているものほど栄養価が高く、効果もあるとされているからです。
 滋養強壮や体力維持などに効くと言われており、普段から疲れやすい人や、忙しい人、体力が落ちたと感じた場合などに使用している人が多いようです。
高麗人参のアンチエイジング効果については、こちらのサイトをご覧ください。
 高麗人参を粉にしたものなど、そのままでは癖があって苦手な場合には、カプセルや錠剤などに加工されたサプリメントなら抵抗なく摂取できます。サプリメントはさまざまな種類のものがあります。
 高麗人参の成分を凝縮したものや、他の健康によい成分を配合しているものなどがあります。製品によって一日の摂取の目安量が異なるので、記載されている目安量を確認して摂取しましょう。

Copyright(c) 2013 Asian ginseng All Rights Reserved.