ガン、心臓病、虚弱体質などに効能!?

高麗人参の効能や使用者による使い方など

banner  高麗人参は健康茶などでも有名なものでその成分にはアデノシンやジンセノサイドやサポニン、ゲルマニウムやビタミンB群やミネラルなどにより構成されています。高麗人参は活力を高める作用と鎮静させるような作用の相反する働きがあります。
 これは身体の状態によりそれぞれ異なった作用が現れるものです。このため使用者による適切な使い方も覚えておくのが大切です。健康効果としてはまず神経の伝達を早め反射力や知覚運動系の機能を高めます。
 神経興奮や神経衰弱に関しては精神を安定に導き動悸を鎭める事に役立ちます。他に血糖値や血中コレステロール値を下げる作用もあります。その為滋養強壮や胸痛自律神経失調症などにも効果的です。
 それから高麗人参は男性ホルモンを増強して性腺を刺激する事で性機能全般も高める事につながります。抗酸化作用もありますから活性酸素の影響を防ぐような働きを持ち細胞の老化を遅らせる事に役立ちます。
 消化器系や肝臓ほか血液循環や呼吸器系の機能を高める働きもあります。ですから健康効果的には他にも冷え性や気管支炎、気管支ぜんそくや胃潰瘍にストレス頭痛、生理不順など様々な症状緩和の手助けになるような優れた生理作用が期待出来ます。
 高麗人参は生薬で古くからガンやコレステロールや膠原病などのも効能を発揮するものとして愛用されてきた植物です。一般的な人参はせり科で野菜に分類されますが増血作用やベーターカロチンは豊富に含まれていますが生薬とは異なるものです。
 生薬として用いられているニンジンは様々な症状に適応していますが主に健康茶として一般の方にも飲用されやすい形態で販売されていますがその中にはおたねニンジンの根を乾燥させてお茶にしたり蒸して乾燥させた紅参などもあります。
 実際飲用してみると血行促進作用があるため冷え性でもじんわりした発汗作用があり全身がポカポカしてきて血液の循環が良くなり低血圧で冷え性などの悩みがある方などのも最適なものです。
 何かしらの病気の症状を緩和する目的で長期摂取するようなケースもありますが健康増進が目的の方に関しての注意点としてはビタミンCを酸化させるような成分が生薬にはあるため同時に摂取する事は避けた方が良いものです。
 健康目的の方は長期の連用や多量摂取は控え決められた分量を一定の期間服用するのがおすすめです。もちろん健康茶の中にその成分のエキスが含まれているようなものであれば日常飲用しても問題はないでしょう。
こちらのサイトhttp://xn--gmq95j107eved.tv/には、高麗人参酒の効能と作り方について書かれていました。是非参考になさってみてください。

Copyright(c) 2013 Asian ginseng All Rights Reserved.